Home光触媒>光触媒について

光触媒ってなに?

光触媒は、太陽や蛍光灯に含まれている紫外線を吸収して、化学反応を起こす触媒の総称です。身近には植物(光合成)の葉緑素、鉱物の代表選手としては酸化チタンが光触媒です。光触媒反応としての酸化還元反応を起こし抗菌・防臭・防汚効果をもたらします。
院内感染、風呂やトイレのカビ、窓ガラスの汚れ、自動車の排気ガス、悪臭、飲料水中のトリハロメタン。これらすべては有機物や窒素酸化物などであり、私たちの生活を脅かすものです。化学薬品を使用せず、自然の力でこれら有害物を除去したい。そんな願いをかなえてくれるのが「光触媒」です。


光触媒の環境効果

酸化チタン(光触媒)に光を照射すると空気中の水と酸素を分解し、表面に活性酸素【・OH(水酸ラジカル)とO2-(スーパーオキサイドイオン)】を半永久的に生成し続けます。この活性酸素は消毒や殺菌に使われている塩素や次亜塩素酸、過酸化水素、オゾンなどよりはるかに強い酸化力を持っており、その酸化力によって消毒や殺菌などを行うことができます。

近年、悪臭、カビ、菌などによる居住環境の汚染と環境ホルモンなど、様々な化学物質や石油燃料の大量消費による地球規模の環境汚染が進んで、深刻な問題となっております。

酸化チタン(光触媒)は、太陽光などの光エネルギーを利用するだけで、有毒な薬品などを使用しても分解されにくい種々の化学物質をも安全かつ容易に分解することができると同時に殺菌などもできます。さらに、室内環境だでけでなく、大気、水質、土壌など、地球規模に広がった環境汚染にも、幅広く応用が可能な物質として、脚光を浴びています。

光触媒


当社では、長年の施工実績及び経験に基づいて
あらゆる施工面に最適な材料と正確な施工技術で、
お客様の使用用途に適した効果を発揮いたします。


 
 
home