Home光触媒内外テクノコート>抗菌効果試験データ
抗菌効果

光触媒の持つ酸化分解力は、大腸菌、MRSA、緑膿菌、O−157などの病原菌に対しても有効であることが確認されています。菌の持つ分子構造を破壊してしまうことで、菌は菌として存続できなくなるのです。さらに、従来の殺菌法では処理しきれなかった菌の死骸や、菌が死滅する時に出す毒素までも分解してしまいます。病院などを始めとする医療施設はもちろんのこと、厳密な衛生管理が求められる食品工場などの安全対策およびHACCP(危害分析重要管理点)対応の一環としてもご利用できます。


大腸菌による「抗菌性酸化チタンコーティング液」の抗菌テスト写真
条件 0時間後 1時間後 3時間後
暗所
照度:0LX
試験試料:内外テクノコートNK-01
大腸菌による「抗菌性酸化チタンコーティング液」の抗菌テスト 植付菌数:52,000
減少率 :0%
大腸菌による「抗菌性酸化チタンコーティング液」の抗菌テスト
残存菌数:7,800
減少率 :85.0%
大腸菌による「抗菌性酸化チタンコーティング液」の抗菌テスト
残存菌数:170
減少率 :99.7%
蛍光灯
照度:200LX
紫外線強度:0.8uW/�2
光源からの距離:40�
(蛍光灯10W+5mmガラス板)
試験試料:内外テクノコートNK-01
大腸菌による「抗菌性酸化チタンコーティング液」の抗菌テスト 植付菌数:52,000
減少率 :0%
大腸菌による「抗菌性酸化チタンコーティング液」の抗菌テスト
残存菌数:2,900
減少率 :94.4%

●試験時の温度:25℃
●試験機関:財団法人佐賀県環境科学検査協会
●分析方法:S37年厚、建令第一号(測定項目:残存菌数、減少率)


【1】耐性菌や病原菌に対する抗菌効果の検証
試験菌名
接種直後
試験試料
滅菌率
遮光 24時間後
弱光200Lx 18時間後
O−157
1.8×105
内外テクノコートNK-01
99.76%
98.39%
ブランク
0%
0%
MRSA
2.5×105
内外テクノコートNK-01
99.99%
99.99%
ブランク
0%
0%
【試験機関】財団法人日本食品分析センター(第202081951号)
【使用基板】45×45mmタイル
【試験方法】抗菌製品技術協議会試験法「抗菌製品の抗菌力評価試験法III(2001年度版)
      光照射フィルム密着法」に準拠


【2】 弱光下1時間後に対する抗菌効果の検証
試験試料
試験開始時
試験菌名
弱光200Lx 18時間後
滅菌率
大腸菌
3.5×104
内外テクノコートNK-01
<10
99.99%
ブランク
1.3×104
0%
黄色ブドウ球菌
8.5×104
内外テクノコートNK-01
<100
99.88%
ブランク
3.4×104
0%
【試験機関】佐賀大学農学部微生物研究室
【使用基板】45×45mmタイル
【試験方法】フィルム密着法に準拠

 
 
home